おはなばなし (反抗期兄妹の育児日記です♪)

反抗期の中学2年生男子&中間反抗期の小学2年生女子のワーキングウーマンの育児日記です。

土曜日出勤は娘作のお弁当です!

お盆明け 土曜日出勤でした(涙)

 

くぅぅぅ。

朝、夫と息子と娘がまだ寝ているのに、

1人 起きる この辛さ。。。

 

でも 兄sakukra(13)も 朝7:30から部活だったので、

一緒に家を出たので、

ほんの少しだけ、気持ちが軽くなったわ~~。

 

土曜日出勤の定番と言えば、

「momo(7)が ママのお弁当を作る!」です。

 

この日も momo作の おにぎりを二個

持って出社です。

 

 

f:id:kiyosakudaimo:20180818080111j:image

 

母の 小腹を心配して、おやつも入ってました(笑

 食べ終わったら、メッセージが!

なんかうちの子やる~~♪

f:id:kiyosakudaimo:20180818162558j:plain

 

 

さて 

最近、めっきり 母娘活動が増えています。

Sakura(13)が小学生の頃までは、

兄中心の生活で、送迎から 遊びに行く場所から

ぜ~~んぶ 兄目線だったのですが、

ここ1年は momo(7)中心のお出かけに 変遷してきました。

 

「どこ行きたい?」と 父母が聞いても

兄sakura:「その日部活」

妹momo:「え~プール!美術館!図書館!」

 

こういう返事なので、妹メインになるのは当然ですね。

 

 

そして、次がポイントですが、

Momoの行きたい場所が、夫の行きたく無い場所と

イコールな事が多いので、

母娘行動が増えているという訳です。

 

ま、夫も年齢を重ねて

無理して動きたくない。そんな感情もあるのでしょうけどね(苦笑)

 

一番上の子の時は、

苦しくても 少し嫌でも 我慢していて

行動していた夫ですが、

下の子には 良い意味で 手を抜いているんだと思います。

 

お盆休みのある日

新潟で開催中の

近藤勝也美術展に、momo熱望の為、

母娘で行って参りました♪

 

Momoには、sakuraの時 育児でちょっと失敗した、

同じ間違いをしないように(笑

過保護すぎないように育てようと思ってます。

 

なので、暑い中 車ではなく

バスで。

 

新潟はバスや電車の便が悪いので、

待ち時間もかなりあります。

それでも、バス停まで沢山歩いたり、

バスを何分も待ったりする事の

楽しさ?苦しさ?も 感じられたら~と

思います。

 

 

 

近藤勝也美術展は

こじんまりとしていましたが、

小さい子には とても楽しめる展覧会なんじゃないかな?

 

ポニョとや キキと写真も撮れるしね!

 

その写真の様子は コチラ↓から

 sakuramomo3.blog.fc2.com

 

夏休ももうすぐ終わりそうですが、

この夏は 母娘行動が多くて、

娘の事をよく知ることが出来た「夏」だったと

思います♪

 

 

それでは、また!

中2男子がiPadを手にするまでの道のり

学校には スマホを持っていくのは禁止されています。

だけど、やっぱり 持っていきたくなりますよね。

 

Sakura(13)のクラスにも何名か

自分のスマホを持ち込んでいた子が居ました。

それでなくても、中学2年になった頃から

周りの子たちがスマホを持ち、

lineをする子が増えました。

 

休み時間の会話でもlineの内容が多くなり、

持っていないことで 疎外感を少なからず

感じる事が増えたと、sakuraが言いました。

 

確かに。

疎外感

敏感なお年頃ですね。

 

それでも その疎外感を 

プラス方向へ持っていける力が、あるといいな~って

私は思っていました。

 

私の時代と sakuraが生きている今は

全く別な世界です。

それでも 出来るだけ、

Sakuraが スマホを持たない事を

何かの力に変えて欲しいと思っていました。

 

もし、どうしても スマホが欲しいなら。。。。

それは 反抗期で家族が今 毎日イライラしている

この日々を

打開しなけらばならない、sakura自身が。

 

父親との対決?!であったり、

周りを説得させる プレゼンであったり、

自分の意見を押し通すだけではない、何かであったり。

 

私も夫も、sakuraにはそういう力があって、

それを乗り越えて スマホを手にして欲しいと

思っていました。

 

欲しがるから親が与える

 

そういう単純な行程で

スマホは与えたくはない。それが

私は一番 考えていた事でした。

 

何かを得るためには簡単じゃない。

それを知って欲しい。

 

 

そんな 時の、

夫の

「自分で買うならいいんじゃない?」発言でした。

 

 

実は、春の定期テスト

目標の点数を取れなかったsakuraは

ある考えをひそかに持っていたようです。

 

 

iPhoneが欲しいは 通用しない。

 

でも、

iPhoneではない ガラケー

スマホも欲しくない(←理由は不明)

 

iPadが欲しい

 

 

 

Sakuraが スマホを欲しがった理由はこれでした。

 

・ネットで音楽が聴きたい

・ラインがしたい

・ネットゲームがしたい

・調べ物がしたい

 

 

 

そうして、調べに調べて

iPad第六世代

 

これを手にすることを

7月頃から考えていたようです。

 

 

夫にも、

スマホが欲しい」ではなく

「iPad格好いい」 などと、

ちょびちょび 言い出していました。

 

 

そして、sakura(13)が予想していなかった

展開が起きたのです。

 

父親からの

「自分のお金なら買ってもいいよ」

 

 

そこからが早かったです(笑

以下sakuraの 購入までの動きです。

 

1・おこずかいをかき集める

2・バイトで貰った図書券を換金する

3 去年ホームステイで残して来たドルを日本円に両替する

4 台湾ドルとタイバーツも両替を試みる(ダメだった)

 

5 お金のめどが立ったので、両親に報告する

6 iPad使用のための誓約書を書く

7 誓約書を家族会議に提出する

8 pple ネットにて 母の了解を得て母のクレジットで

  iPad 第6世代 32G シムフリー版 ゴールドをポチる

 

 

こうして、あれよあれよと

父親からの許可が出てから10日目にして

念願の アイパッドを手にしたのでした!!!

 

 

詳しい様子は、こちらから↓ 写真を交えてお伝えします。

sakuramomo3.blog.fc2.com

 

 

 

 

私も、これからはsakuraをより一層

大人と同じように見る事を 心に誓いました。

 

例えば~

・薬を飲んだか?確認しない。

・スケジューリングを本人に任せる。

・失敗してもしらんぷり

などなど(笑

 

 

親の私も 今回の事で

親離れを 加速せねばならなくなります。

寂しいなぁ。

 

 

簡単に書けば、こんな感じですが、

この10日間、いや

Sakura(13)が 去年の夏

ホームステイから帰国して、

友人たちとつながりたいから!と

スマホを欲しがるようになってから

1年.

 

正直、私も 苦しかった。

顔を合わせれば

「ママ スマホ買って」の攻撃。

 

もう イライラしたり、ムカついたり(笑

 

 

スマホ買って」だけじゃ

大人を動かせない事を知らしめるために

1年かかったわけです。

 

そして、買ったから終わりじゃない。

今後、このiPadの取り扱いを巡って、

きっと 何度も何度も 親と衝突するんだろう、

と 思うとまた 憂鬱。

 

でもそれだけ、sakuraが親と対等になり、

そして超えて行く時期になったという事ですね。

親として、sakuraの育児の

最終コーナーを回りはじめたという事だと思います。

 

 

長くなってしまいました。

スマホは買ってもらえたか?」の答えとしては、

 

中二男子は 親にスマホは買ってもらえなかったが、

自力でiPadを買う許可を得て、

そして、買った!

 

という事になります。

 

 

最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

 

まだまだ 暑い夏は続くーー。

それでは、また。

 

中学二年生男子がスマホを手に入れられるか?

 

 

「お子様にスマホを持たせてますか?」

 

こんな質問を春に書いた気がします。

こちら

 

ohananohanashi.hatenablog.com

 

 

 

あれから5か月

 

この5か月間

我が家でも 息子sakura(13)の

スマホ冷戦が繰り広げられていました。

 

母親の私には 口を開けば

スマホ欲しい」

「クラスのみんなが持っている」

「部活の連絡ツールが必要」

などなど。

 

 

けれど、基本 厳しい父親には言えないらしく、

家族会議に上げてこなかった息子でした。

 

しかし、中学二年の定期テスト一回目

父親に

「オール95点以上取れたら、スマホ買ってくれる?」と

聞いてみた sakura(13)

 

 

平均点80点を取った事が無いのに、

よくも まぁ~ 言えたもんだと、

夫は

即答

「いいよ♪」

 

 

本人 やる気を出し、かなりお勉強をしたのですが、

やはり そうは問屋が卸さず、

いつものレベルの 点数を取って帰宅しました。

 

悔しくて、寂しくて??

欲しくて欲しくて。

それでも、父親との衝突を回避するのが

最優先かと、思ったのでしょうね。

Sakura(13)は しばらく 沈黙を守りました。

 

秋の2回目の定期テスト

また 何か言ってくるのか?

どう出るのか?

 

夫と私は お互い 静かにすごしておりました。

 

 

そして、momo(7)が 英語キャンプで不在のあの日

急に 歯車が回り出したのです。

 

 

何気なく行った電気屋

息子が スピーカーを物色。

夫がその横で 息子と会話。

 

そして、

Sakura

「あ~~ iPhoneが 並んでるよパパ~~♪」

「いいな~~ 欲しいなぁ~~♪」

 

 

反抗期中で、いつもは ぶっきらぼうな息子。

まるで小学3.4年生ぐらいに戻ったかな?という

勢いで、父親に 言っていました。

 

すると

夫が一言

『いいんじゃない? 自分のおこずかいで 買ったら』

 

 

 

息子sakura(13)呆然。

 

これまで 何度か 訴えた時は

門前払いだった父親からの

まさかの台詞に

一瞬 頭も顔も真っ白になっていました。

 

スマホ」の文字を 出せば

親子げんかになりそうだった日々が まるで

夢だったかのような

 

『いいんじゃない』発言でした(笑

 

 

 

昔 それはsakuraがまだ 5年生だった時、

プレステが欲しかった彼が、

父親に 「買って」と言ったら門前払い。

 

だけど、しばらくしてから、

「ピアノを習い続けるなら、自分で買ってもいいよ」と

許可を受けた、

あの日のような そんな出来事でした。

 

共通点は

「自分で買ってもいいいよ」

「自分のおこずかいで買えるならいいよ」

 

ふふふふ(笑)

 

 

私には ない 思考です。夫。

 

 

 

しばし 真っ白になった後、

息子sakura(13)は  慌てて帰宅して、

そして、貯金箱から~財布から~~

へそくりから~~ かき集めたのでした。

 

 

話は長くなりそうなので、

続きはまた 後日にしたいと思います。

 

 

果たして、中学二年生男子sakuraは

スマホを買う事ができたのでしょうか???

 

 

乞うご期待!

「ママを笑わせたい!」そんな娘とのお盆休み

娘momo(7)と お盆休み最終日に

真剣にプールで泳いで、

筋肉痛の母です。

こんにちは。

 

 

あっという間に 過ぎた

盆休の5日間。

 

飲んで食べて遊んで

「休む」事は 出来なかったですが(笑)

充実した お休みを過ごさせてもらいました。

 

その中でも、私が一番

心に残ったのが 盆休最終日。

娘のmomo(7)と言った プールの日です。

 

プールに行きたがる momoの誘いを断った

男子チームを置いて、

母娘で泳いできました。

Momoは 50m×3本

母は50m×1本

 

マジ泳ぎ。

 

母は途中の背泳ぎで 足がつりましたけど

Momoは メドレーで頑張って泳ぎましたよ~。

凄い!

 

そんな中で、momoが最後に

「ママ楽しい?ママも子供との時があったでしょう?

その時 めちゃくちゃ楽しかったでしょう?

でも 今 あんまり笑わないじゃん。

今、momoと一緒に 思いっきり楽しんで!

今、momoが笑わせるからね!」

 

と、変な顔したり、

変な泳ぎをしたり、して、

私を一生懸命笑わせようとしてくれました。

 

 

いつもどんなに、しかめっ面なんだろう?

いつもどうして怒ってばっかりなんだろう?

どうしていつも、

子供たちを 急かしてばかりなんだろう?

 

そんな事を思いました。

 

まったく。。。

Momoって  曲者です(苦笑)

流石です。

 

 

 

さて、実は

この盆休は

我が家にとって 色々新しことが起こりました。

 

あんなことや こんなことや

めちゃくちゃ 色々考えて、

喧嘩しそうになったり、

イライラしたり、

笑ったり

驚いたり

 

 

濃密な5日間でした。

 

「盆休」だけど、全然 「休」なし!!

 

徐々にそんな内容を書いて行けたらいいな~って思います。

取り急ぎ、盆休終了のご案内まで??!!

 

それでは~また

お盆休みに入ります

2018前半終了!!!

前半?

ま、いいや(笑)

 

お盆休みに入ります!!

 

 

f:id:kiyosakudaimo:20180813130145j:image
f:id:kiyosakudaimo:20180813130141j:image
f:id:kiyosakudaimo:20180813130148j:image
f:id:kiyosakudaimo:20180813130133j:image
f:id:kiyosakudaimo:20180813130137j:image

 

5日間 食べて飲んで食べて飲んで

眠って眠って!

希望ー!!

 

 

無理か(笑)

子供達の、元気な騒音

もとい美声のもと、

休みを謳歌してきまーす!

 

f:id:kiyosakudaimo:20180813171041j:image

 

ふるさと納税 第一弾は 海鮮です!

毎年やっている「ふるさと納税

2018もやりますよーーーー!

 

 

今年の第一弾は こちら!!

 

 

f:id:kiyosakudaimo:20180808132638j:plain

 

f:id:kiyosakudaimo:20180808132645j:plain

 

 

あ、今年は 第三弾まで

ある予定です♪

 

 

 

 

f:id:kiyosakudaimo:20180808132642j:plain

 

北海道森町の ほ・た・て ♪

どどどん!と 1.5㎏でございますぅぅ~~。

 

 

お盆休み用にと、御願いしました。

とりあえず、盆休を待ちきれずに

少しだけ食べてみました。

 

 

f:id:kiyosakudaimo:20180808132649j:plain

お刺身♪

 

 

甘いーーーーーー!

 

お醤油バージョンと

お塩バージョンで食べてみました。

 

 

塩バージョンも

海からそのまま採って食べたような

新鮮な感じで とても 良かったです。

お試しあれ!!

 

 

 

こんなに 私が毎年

宣伝(?)しているのですが、

ふるさと納税をしない方が多すぎる。。

 

面倒くさいのかなぁ。

シュン。

 

 

 

沢山 住民税から控除されるんだけどなぁ。

 

 

ちなみに、控除される金額は

「市民税・県民税決定通知書」の

納税控除額欄に記載されていますので、

みなさま その恩恵を

ご確認下さいませ~~。

 

 

次は お肉を検討中な我が家。

第二弾は 秋の予定です。

 

それでは~~また。

 





 

momo 小学2年生 個人懇談 夏

 

Momo(7)が3泊4日のキャンプから

帰って来る少し前に、

小学校で、個人懇談がありました。

 

今日はその時のお話しを覚書です。

Momo 先生 こんな事言っていたよ。の

覚書です。

 

どうぞ~

 

 

先生:

Momoさん元気に過ごしていますか??

あ!そうですか、キャンプに行っているんですか。

凄いですね。

誰も知らない子と泊まるんですか?

それは~それは~。

でも momoさんなら 大丈夫ですね!

今年の春のクラス替えの時も、

クラスメイトが代わったなんてわからないくらい、

最初から自然でしたし、

沢山お友達に話しかけていました。

今では、momoさんを頼るお友達が多いですよ。

いつも 優しく丁寧に会話してくれるし、

私の助っ人もしてくれます。

ある日、男の子が私の丸付けが気に入らなくて、

プリントを直さなかったんです。

すねちゃって。

でも そうしたら、momoさんが

その子に 「momoとやる?おしえようか?」と

声掛けしてくれて、二人で やり直して、

提出してくれました。

私でも 出来ないのに、momoさんが

その子のご機嫌を直してくれました(笑)

 

あと、momoさんが給食のおかわりを

しに来たのですが、

ごはんが少ししか残ってなかったんです。

そうしたら、momoさん 自分が取る前に、

「ごはん少ないけど 他にいる人―?」って

聞いて、他の子にあげてから、

自分も少しだけ、おかわりしたんです。

 

そういう所が、みんなに認められているんだと

思います。

 

え??家では 真逆なんですか??

信じられないです!!!(笑

 

きっと 外で頑張ってるから、家ではママに

甘えてるんでしょうね~~。

かわいいですね。

 

夏休み後も、元気に 来てください。

 

 

 

 

との 事です。

 

毎年の事ですが、momoとsakuraの

二重人格性が発覚する

学校の個人懇談です(笑

 

 

これで、夏休み前の

学校のイベントはすべて終了ですね。

落ち着いて、

お盆を迎えましょうね~~!

 

 

それでは、また。